病院・クリニックなど医療専門のホームページ制作・広告戦略を軸とした大阪の増患支援企業「たしかにプラス株式会社」

先生に診てもらうために遠くから患者さんが来院する

ホームページで、先生が○○専門医だと知り、1時間掛けて来院しました!
営業マン

ホームページを営業マンとして使うことで、集患範囲は限りなく広がります。もはや近くの医院だけが競合ではないのです。
この事実はチャンスであるとともに、ピンチでもあるということを御理解ください。

狙った手術や疾患を持つ患者さんを増大させる

「こういう患者さんがもっと増えてくれればなぁ」

狙った層の患者さんに来院してもらう
  • 先生が専門としている疾患に悩む患者さん
  • QOLの向上に大きく貢献する手術を望む患者さん
  • 実施中の治験の対象患者さん

そんな特定の条件の患者さんを狙った時期に増やしたいという、無理難題もキーワード広告なら可能です。

患者さんが医院のファンになり、知り合いに勧めてくれる

ファンの獲得が口コミを加速させる

現在でも口コミは絶大な影響力を持っています。しかし、口コミの内容は再度ネットで検索して確かめたくなるものです。
患者さんをがっかりさせないないために、見易く分かりやすいホームページを作成しなければなりません。これはもはや当たり前のマナーです。
ならば、患者さんに口コミ発起人となってもらうためには、マーケティングと背景分析を駆使し、患者さんが望むであろう情報を先回りして提供する努力が必要になります。

機能性表示食品はこちら
戻る

初めにFirst

たしかにプラス株式会社は、貴院の医療活動の場を広げるお手伝いをする大阪の増患支援企業です。
ホームページ制作・医療広告代行・患者背景分析などを軸に、より広範囲の潜在患者を獲得し定着させるため、貴院の特徴を最大限に生かした増患戦略を策定致します。多様化する患者様のニーズに応え「心を掴んで離さない」そんな医院を目指しましょう。

サービスService

ご依頼を前提としないご相談だけでも歓迎しております。宜しければ一度お悩みをお聞かせください!

医療専門だからこそできる強み
医療従事者の「仕事意識の高さ」や「患者さんへの想い」を尊重したご提案
医療広告規制を始めとする関連法規に則った文章作成
新規開業時の先生の熱い想いに応えるWeb戦略策定と事例紹介

ホームページ制作

ホームページは単なる広報ツールではなく、全ての広告戦略の土台となります。

医療広告代行

医療専門とすることで培われた、医療広告規制に準拠した広告戦略をご提案します。

患者背景分析・管理

患者背景をマクロな視点で分析・管理し、患者さんのニーズを把握しましょう。

機能性表示食品開発

上市後の販売を見据えた機能性表示食品のトータル開発支援を行っています。

新着情報News Release

「エフマ」が商標登録されました。

ついに「エフマ」が商標登録されました。 生活が制限され窮屈になるイメージがある「健康管理」をワクワク楽しめるように「エ

「IMIDEA z」が機能性表示食品として受理されました。

弊社で研究レビューの作成支援を行った日本ハム株式会社様の「IMIDEA z(イミディア ゼット)」が機能性表示食品として

健康産業新聞で臨床試験のインタビューが紹介されました。

2021年10月6日に発行された健康産業新聞1725号で紹介されました。 臨床試験にはお金がかかる、お金があれば良い結

集患戦略家のひらめきBlog

健康産業新聞で講演を取り上げられました。

2021年8月24日に発行された健康産業新聞2555号で機能性表示食品取得を見据えた毛細血管測定の利用の講義を取り上げら

ブログ

専門学校で授業をさせて頂きました。

インターン生受け入れの一環として、清風情報工科学院にて、弊社事業紹介を兼ねた授業をする機会を頂きました。 学校

ブログ

著書「新医療広告ガイドラインで日本の医療が変わる」が重版出来!

今年の年始に出版になりました初の著書「新医療広告ガイドラインで日本の医療が変わる」が、この度増刷されることになりました。

ブログ