TOP

2024年1月5日

<2024年 年頭のご挨拶>

あけましておめでとうございます。
2024年の年頭にあたり、新年のご挨拶を申し上げます。

初めに、元日に発生しました能登半島地震により亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、被災された多くの皆様に心よりお見舞いを申し上げます。
皆様の健康と一日も早い復旧を心から願っています。

昨年末は弊社初の自社機能性表示食品を発売し、さらに事業の幅を拡大することができました。
機能性関与成分のサラシア由来サラシノールの他、ピクノジェノールやフルボ酸・フミン酸を含有し、弊社らしくこだわってつくった「廻潤」はおかげさまで大変評判がよく、今後医療ルート・美容ルートに販売チャネルを拡大していく方向です。さらに自社商品第2弾の開発にも着手しており、こちらも年始早々に届出を終えるスケジュール感で進めています。夏前には新商品のご報告ができると考えていますので楽しみにして頂けると幸いです。

機能性表示食品の開発支援業につきましても、昨年入社した社員の活躍で研究レビュー作成・臨床試験実施実績が積みあがってきております。本年もPrisma2020に対応した質の高い成果物をお届けしてまいります。同時に保健機能食品のみを扱う自社EC「エフマ」に関してもだんだんと出品点数が拡大してきており、機能性表示食品の売場としての信頼性が高まってきていることを感じています。

今年の干支である「甲辰(きのえ・たつ)」には「いままで準備してきたことが形になる」といった意味があるそうです。まさにこれまで作ってきた実績と経験が、ワンストップのトータル開発支援という形で機能性表示食品を開発したい事業者様の期待に応えられるサービスへと実を結ぶ。そんな素晴らしい年になるように社員一丸となって事業に邁進してまいります。

本年も皆さんと共に健康であり続ける1年を過ごせることを祈念して、年頭の挨拶としたいと思います。
本年も何卒宜しくお願い致します。

たしかにプラス株式会社 代表取締役 深谷 泰亮

日本流通産業新聞第1845号に掲載されました。


このページを共有する